ストレスがあるなら、心因性EDかも?例えばこんなこと

精神的なストレスが原因で、心因性のEDになるのを知っていますか?

好意をもっていた女性から無視されたらショックですよね。
言葉でせめられるよりも、無視はきつい。むろん、言葉でせめられてもきついにはきついですが、無視は存在がないことにされてますからね。
自分のEDの原因はこれかなと思ったりしています。

女性とコミュニケーションがとれない

「最悪・・・」「ダメね」「頼りにならないんだから」「もういい」

意外と心に突き刺さる言葉は多いものです。
女性とコミュニケーションがうまくとれていれば、さほど気にならないのでしょうが、男性の場合、一度気になると、とことん気になるという気質の方も多いのものです。

あなたはいかがでしょうか?

どんな時も、格好良く見せたいのが男心というものですから、傷ついたのをひた隠しにしていると心の痛みがどんどん蓄積されていきます。

心の痛みがあふれ出るときには相当のストレスです。
その結果、心因性のEDとして現れることがあるのです。

EDになるとますます自信がなくなるので悪循環です。
女性のとコミュニケーションも、恋愛感情を抜きにしても取りにくくなってしまうことも少なくありません。

カウンセリングだけで改善されることも

女性とのコミュニケーションを例にあげましたが、原因が明確な場合などは、クリニックでカウンセリングを受けるだけでもEDが治ることもあります。

男性は意外と心が傷つきやすいもので、最近の話ですが、自動車を購入しようとして、ふとしたことでローンが通らなかったなんてときにも、同じような症状になりました。

男の沽券にかかわるなんて大袈裟ですが、自動車のローンで審査に落ちるというのが自分ではありえなかったんですね。

>>自動車のローン審査で知らないと損する重要なこと

こんなことで?みないなことで、審査に落ちるとは。。
自動車購入で損をしないためにはいい情報なので紹介しておきます。

あ~、やっぱり、EDになりやすい性格はあるのかもしれません。
結局、車のランクを下げて、頭金を多く作って審査は通りましたがね。

トラウマが原因の場合も

自動車ローンの話ではないですが、思いがけない経験はトラウマとして残ることがあります。最近のことなのでトラウマとまではなってないですが、(と思いたいですが)「審査」という言葉に敏感になっている自分がいます。

トラウマというのは、意外と簡単につくられるのかもしれません。

心因性のEDの中でも治療が難しいのが「深層心因」の場合だそうです。
原因を心の奥底に隠している状態なので、アプローチしずらいのだとか。
これは本人も自覚がない状態なので、治療が長引くケースがあるのだそうです。